里湖 八郎潟物語
さとうみ はちろうがたものがたり




八郎潟の竜神「八郎太郎伝説」の湖として親しまれ、“水1升に魚7合”魚湧くといわれたわが国第二の湖、八郎潟。だが、国は食料増産を目的に、湖を干拓。湖は5分の1の残存湖(調整池)となる。
そして、半世紀−。
日本の大規模農業モデル地域として誕生した大潟村を待ち受けていたのは、国の減反政策だった。一方、湖はアオコの大発生など、水質悪化が進み、漁業の不振を招いた。元
漁師はいう、「とにかく人が手を加えると、山も湖も、必ずそのツケは回ってくるね」と…。
“わが湖の原風景を取り戻そう!”−八郎湖の再生・復活を願う湖畔住民の奮闘が始まった。


ジャンル 作品名
自然・科学・動物 自然環境DVD新シリーズ 人間と自然との共生(1)
里湖 八郎潟物語
巻数・セット数 機種/時間
制作年/発売年
対象
全1巻 DVD/88分
2011年/2012年
中学生から一般
上映 企画/制作
上映権付 企画・制作/(株)群像舎
発売元/(株)放送映画製作所 東京支社
定価(本体価格) ライブラリー価格(本体価格)
12,000円+税 24,000円+税
無償での個人貸出/館内上映ができます 無償での個人・団体貸出/館内外上映ができます
適要

■監督:岩崎 雅典  ■語り:浅利 香津代




内容詳細


●プロローグ〜八郎太郎伝説/八郎潟干拓史/汚染した八郎湖の課題
●里山、草木谷の復活/小学校への出前授業
●東湖八坂神社祭、アオコ発生/2010子どもフォーラム
●外来魚の捕獲と魚粉作り/一日市の盆踊り/ワカサギ・シラウオ漁解禁/ブナ植林と消波堤作り
●大潟村、よみがえった大自然(観察会)/船越水道(汽水域)の漁/提言“里湖”への回帰/
エピローグ〜小学校での学習引継ぎ式

※助成:文化芸術振興費補助金
※文部科学省選定
※平成23年度文化庁映画賞
※文化記録映画優秀賞