パパ、ママをぶたないで
ぱぱ、ままをぶたないで




父親から母親への暴力を見かねた子どもの実話に基づき、2児の母でもあるノルウェーの女性監督が6年かけて完成した、アニメーション映画。ひとりで辛抱せず、誰かに話してもいい、責任は子どもにはないのだよ、と卓抜したアニメーション技術を駆使して、語りかけるように作られた本作は、まず話すことが解決への第一歩であり、暴力を振るう当事者が変わる努力をすることが大切だ、というDV問題解決の本質を描き、高く評価されている。


ジャンル 作品名
教育・学習 パパ、ママをぶたないで
巻数・セット数 機種/時間
制作年/発売年
対象
全1巻 DVD/20分
2010年
小学生〜一般
上映 企画/制作
上映権付 監督・脚本・撮影・原画・プロデューサー:アニータ・キリ
原作:Sinna Mann(著グロー・ダーレ/絵スヴァイン・
   ニーフース/ノルウェー文化省・教会賞の児童文学賞を受賞)
制作:Trollfilm AS
定価(本体価格)DVD全1巻
40,000円+税
個人貸出/館内上映/団体貸出/館外上映
適要

●2010年広島国際アニメーションフィルムフェスティバル・グランプリ
●アヌシー国際映画祭審査員特別賞・観客賞受賞 ほか
日本語字幕付き
制作国:ノルウェー




内容詳細


家庭がいつも父親の機嫌でピリピリしていて、その原因が自分であると思い込み、じっと辛抱する子どもが、それを王様に話したことから、事態に変化がおきる・・・。